【Tips】ロードバイクのリアホイール。貴方ならどうやって梱包する?

川崎市宮前区で、不用品買取や大人の断捨離を支援するアニー堂です。田園都市線梶が谷駅から、鷺沼駅行バスで10分、東横線武蔵小杉駅から野川台公園行バスで20分上野川のバス停付近で、個人の古物商として活動しています。

先日委託販売を依頼され、無事販売したTiagraのハブを使ったホイール。安定した走りを期待して、お客様が購入されました。今回は、自転車のリアホイールの梱包の仕方をまとめたいと思います。

自転車のリアホイールの基本構造

まず自転車のリアホイールの基本構造について。

一般的なロードバイクやマウンテンバイクは、クイックリリースというパーツで車体に、ホイールを固定して使用しています。

ロードバイクのリアホイールの中心部にある、パーツは”ハブ”といい、そこにスプロケットをつけて運用します。

ハブを中心に外側に向けて貼られているのが、スポークです。こちらのテンションを利用して、ホイールが潰れるのを防いでいます。

リムは、リムブレーキタイプの場合はここにブレーキパットを押し付けてブレーキをかけます。

汚くて申し訳ありません。😅

リアホイール梱包実践編

自分は、大まかに3つの手順で、梱包しています。

1.クイックリリースを外し、ホイール全体をプチプチで覆う。

巻く厚みは、一重くらいで十分です。なお、ディスクブレーキがついている場合は、ブレーキパットの間にボール紙を必ず入れましょう。

2.外側からハブの先端付近に、ダンボールを貼り付ける。

これは、出っ張っている部分2箇所が変形しないように貼り付けます。。スプロケットがついていても、同様にダンボールで保護板をつければ一安心です。ちなみに、ロードバイクごと送る際は、フレームとホイールの間に、ホイールの大きさに合わせたダンボールを敷くと安定します。

3.クイックリリースを梱包して、ハブの横に貼り付ける。

プチプチの中に入れたままですと、中で暴れてスポークが壊れる危険性があります。

梱包時の注意点ともし注意点を無視した際に起こりうること

梱包時に注意が必要なポイントを紹介します。

まずは、ハブ周り。ここが損傷するとホイールが回らなくなったり、ギアチェンジができなくなることもあります。また、こちらの内部にはベアリングが入っているのですが、シールドベアリングの場合正面からの衝撃で変形して、ホイールが回らなくなることもありますので、必ず外側からダンボールで保護板を作りましょう。

また、スポークが壊れるとホイールが変形する、通称ポテチになることがあります。多少のフレなら誤魔化しながら走れますが、何本かスポークが切れた場合は必ず自転車屋で修理してもらいましょう。

続いて、外したクイックリリースについて。これを、忘れて送った経験があります。😅必ずホイールをプチプチで覆ったあとに、クイックを貼り付けましょう。中に入れると、暴れてスポークが折れる可能性があります。

また、ディスクブレーキタイプのホイールを、ブレーキごと送るときに、必ずブレーキパットの間に薄いボール紙をはさみましょう。ここはかなり繊細な部分で、ちょっとした衝撃で曲がります。輪行して、いざ走ろうとしたら、ブレーキが壊れていて走行不能となって、そのまま帰った悲劇を聞いたことがあります。

最後に、梱包するとかなり大きなサイズになります。今回は160サイズになりました。おそらくこれくらいのサイズにはなるので、取引時や値付けの段階で送料も計算に入れましょう。

ダンボールのおすすめな調達先

発送時に困るのが、どこでダンボールを調達するのか。過去記事でもなんどか取り上げましたが、再度まとめます。

1.地元の自転車店からもらう

これが王道の方法です。普段から贔屓にしているお店からいただくのが一番楽です。お店の箱は、ホイール輸送専用の箱なので、加工いらずにそのまま入れられるのは嬉しい限りです。

お店側も、処分費用を抑えられますし、こちらはただでダンボールをもらえます。

2.近所のスーパー

地元のスーパーでも、大きくて使いやすいダンボールを手に入れることもできます。

今回は、地元のスーパーでもらいました。最近良く使う雪国まいたけの”ぶなしめじ”用の箱です。こちらは適度な硬さと加工のしやすさから、愛用しています。160サイズくらいまでの荷物なら、これを加工するだけでらくらく梱包できます。なお、キャベツなどの大きな野菜や果物を運ぶダンボールは、加工を伴う場合は、個人的にはおすすめできません。理由は、硬すぎるからです。また、汚れていることも多く梱包事態に向いていません。

240127123224241

まとめ

今回も近所のスーパーでお世話になりました。もちろん、一つ何かを買うことを忘れないでください。そうすれば、地域経済にもエコにもわずかに貢献できます。

ちなみに、この方法で送って一度もクレームが来たことはありません。お客様の立場に立った販売の基本が、梱包にあると思います。

当社では、梱包まで最新の注意を払う、委託販売を随時受け付けています。出張買取も受け付けますので、気軽にお申し付けください。

もし買取する場合は、当社とおいくらで比較してください。ベストな選択を!

https://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=3TNPIH+5PEL96+3JHG+TRVYQ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。